イラストレーター気分に

 イラストレーションの着手に向け、さて眠っていた学生時代からの画材道具を引っ張り出し、使えるか否かのチェック。当然何十年も前の油性マジックマーカーやポスターカラーはすでに乾燥、現役時代に求めたコピックには補充用予備インクを充填、そして息子のお絵描き道具を借りるなどし後は百均で探しました。また、近場で手に入らないフィクサチーフ(パステル定着スプレー)と大きな画用紙はネット通販で入手しました。

 重要となる用紙選びについては、私が若い頃使っていた油性マーカー用のPMパッドはすでになくなっているので、水性(コピック)に適する紙をネット等で調べたり百均で色々な紙を求めて試したり、線画描きのぺん数種を買って滲みや滑り具合を確かめたりなど試みました。そして先ずは、水彩画用のB2判サイズの画用紙が手に入り難かったので、ネット通販で広いロール状の画用紙を入手しました。以前は、専門画材は専門店まで行かなければなりませんでしたが、今はネットで簡単に手に入るようになりありがたいです。

 ところで、入手した用紙は色は白くて発色は申し分ないのですが、強いて言うなら水彩画用よりきめが細かくて滑りが良過ぎる感がありパステルの乗りが心配される感がありました。しかし、使えない程ではなくこれで良いかということにし、一先ず着手してみることにしました。

 私の部屋では広い紙を広げ紙を自由に回しながらまた自分が机の周りを回りながら、自由にのびのびと描けるスペースがありません。と言っても仕方がありません。なので、棚を動かし机の向きを変えるなどして大きな紙を広げられるようにしました。そして、予め写真取りをした写真をプリントアウトしそれを見ながら恐る恐る4Bの鉛筆を滑らせました。久しぶりの絵師の気分は心地良く、何だか上手く描けそうな自信が沸き上がって来ました。

 10月下旬の作品搬入を目標に、何点かの作品を頑張って仕上げたいと思っています。