諫小校内 マラソン大会

 毎年恒例となっている寒い冬枯れの本明河原の「諫早小学校校内マラソン大会(持久走)」が開催され、一土たち3年生は去年より少し距離が長くなり1,280mを頑張りました。今季の河原は、例年より風も弱く天気に恵まれてそんなに寒い思いをしないで応援できました。

 一土は、自分なりの目標順位を掲げて頑張ったのですが、その目標は叶わず19位でした。親としては、もちろん上位にいければいったで嬉しいのですが、目標を持って頑張ること、そして終わりまで諦めずに頑張り通して完走すること、そのことが大事なことだよ、と。何がなんでも、1番や2番にならなくても良いのだ、と言い聞かせてやりました。とにかく諦めないこと、だと。結果はついてくるものだから、と。ついつい、甘くしてしまいます。

 この甘さは、自分の小さい時を想い出しての言葉で、私は身体が弱く痩せっぽっちで、運動に関してはコンプレックスの塊でした。そんな自分からすると、充分過ぎるほどに感じています。

 今年もまた恒例、頑張ったのでということで、大会が終わった帰り道マイカーで自宅近くのプラモデル屋に寄り、事前に下見までして約束していたガンプラをで買ってあげました。