トイレ詰まり

 築30年という古いマンション7階の我が家、1年ほど前にトイレを改修し当時新型の節水タイプの泡泡洗浄の「アラウ〜ノ」に変えました。ところが最近、今思い直すと、水を流すとボコッボコッという泡音がするようになって水が勢い良く流れないようになっていました。

 4〜5日前、私が大きい方(多目に)をした後水を流したら、勢いがなく2度流しても流れずに水が便器一杯になり溢れそうになってしまいました。私は慌てて家内に来てもらい、ゴム製の「フカフカ(?)」で何度の処置してもらったのですが、全く変わらずダメでした。なので、家庭のトラブル業者に連絡しましたが直ぐには来てもらえず、その日は夕方までセブンにお世話になることになりました。

 一度、専門業者に直して(大き目のポンプ)もらったはずでしたが、しかしまだ何日も経っていない今日、またもや私が大きい方(便秘ではありません )を大量に流したら、嫌な予感!、また前と同じ状態に陥ってしまいました。再び自力でフカフカを、当然効き目無し、お盆の最中エライことになった!、運(ウン)が悪いなあ、と凹む。結局、今度は以前と違う365日対応の“くらし安心、なんとか”の専門業者に連絡、夕方までに来てもらうことにしました。

 

 ピンポ〜ン、少し太目で関西弁の親しみを覚える男性が訪問、“どなたか、糖尿病の方はいらっしゃいませんか?” と尋ねられ、“いえ、内にはいません” と、家内が返事。今度は"便器に何か落としたりされていませんか?例えばボールペンとか、など?" と。しばらくそんな問診状態、すると赤いバズーカのようなデカい注射器のようなポンプを取り出して数回注射をされたのですが、なんとか排水はできましたものの完全ではないということでした。排水の状態が、プロの目には不完全で排水後“ボコ、ボコ”という泡が上がって来る状態を見て、まだ何かが引っかかっているようだ、と。例えば、ボールぺんのようなものがパイプの中に引っ掛かっていると、それにペーパーなどが絡んで部分的な詰まりを起こし段々と酷くなる、と。そのような時、泡が上がってくるようになるというメカニズムだそうです。確かに、と納得。そして、“なので、便器を外してパイプを調べてもよろしいですか?”と聞かれ、“どうぞ、どうぞ、むしろ、これから引き続きお願いしてもいいんですか?”と、夕方からだったにも関わらず返ってありがたくてお願いをしました。

 修理の方が来られる前、家内と私はインターネット情報などを参考にしながらP社製の新機構(パイプ電動回転)の故障の可能性があることを突き止め、家内は早速他のメーカーの物に交換も考えていました。新規参入のP社製品は、他のメーカーにはないパイプを反転させて洗浄水を流すという機構を採用しているらしく、どうもその機構部分のトラブルのようだと思いました。そのようなことから、てっきり間違いないとそう思って見守っていたところ、なんと全く関係なく、私の毎日飲んでいる血糖値を抑える薬のせいだということが判明、びっくり仰天でした。なので、最初に“糖尿病の方はおられませんか?”と聞かれたのだそうです。

 トイレの便器と便器と床の排水口を連結する変形パイプが外れたら、床の大きな排水口(塩ビパイプ)が殆どゴム状のシリコンのようなものがパイプ全体を詰まらせていました。イヤイヤ、ビックリ!この一年半足らずで、私の飲んでいる薬がこんな状態にまで、と驚きました。実は、私は糖尿病ではないのですが、その予備軍で血糖値を抑える薬を以前から毎日服用しています。修理の方によると、糖尿病の薬を服用している者の便には、どうも粘りのあるペースト状のものが混じっているらしく、それが配管内のカーブ箇所などの内部に付着して徐々に詰まらせてしまうようだとのことでした。そしてまた、最近のトイレの特徴として節水機能があること、配管が排水を直に落とすようになっていない、また古い建物とは床の配管位置が合わず横方向に配管を変形させて繋ぐ、合わせて節水のため排水量を減らすなどの原因が考えられるとのことでした。

 配管内の付着物を取れる範囲で除去後、配管を繋ぎ戻して便器を復帰、水を流して確認、なんとかOK。というのは、勢い良く洗浄水を便器は吸い込んでくれるのすが、水が流れた後水が落ち着くと、泡が2回ほどボコボコという音を立てて上がって来ました。なぜ泡が?ということは、床の配管からマンションの共用配管までの間に多分S字配管箇所(匂い止め)があり、それらのどこかに狭くなっている所があることが想定されそこから泡が上がってくるのだと、そのために少し遅れて泡が上がってくる現象が考えられるということでした。なるほど、理にかなった説明を受け、納得しました。この先、その部分の配管洗浄を専門業社に依頼された方が良いですよ、とアドバイスを受けました。

 ということで、その内に本格的な洗浄と私は主治医に薬の成分と便中のペースト状の正体について、報告とメカニズムの相談をしようと思っています。