諫早小学校運動会(2年生)

 今日は、諫早小学校の二年生一土の2回目の運動会でした。初回の1年生の時と違いマイカーの駐車場や場所取りなどの要領も上手くなり、昨年と違ってスムーズでした。家内もまた、今年はPTAの役からも解放されてお昼の弁当づくりと応援だけでよく、昨年のカメラマン役などがなくかなり楽なようでした。

 さて、天気の方がギリギリまで大丈夫かなあと心配されていましたが、ここまで天気良くならなくてもと思えるほど好天のになり、キラキラと眩しいほどの強い日差しを浴びながらの応援となり、グランドの周辺の木立の下の空き地にはアウトドアーさながらの色とりどりのテントや折りたたみ椅子やテーブルセットなどが持ち込まれていました。これも運動会ならではの風物詩となっており、何と言っても家族一緒に食べる昼食弁当こそ運動会の最大の楽しみかも知れません。今年もまた、家族三人揃って木陰で風に吹かれながら美味しくいただけたことは、やっぱり一等賞でした。お重弁当とクーラーボックスで持ち込んだ冷えたそうめんと蕎麦は、暑くて喉の乾いた一土にも格別のようでした。

 

 運動会のプログラムは、縦割りに赤組、青組、白組とに分かれて競うもの、学年に応じて踊りなどを表現するもの、同学年生で競う競技、そして保護者参加のリレーなど、楽しい内容が盛りだくさんで、朝から午後の三時半ごろまでありました。その後の後片付けまで入れると、四時半ごろまでたっぷりかかり、一土の赤組は2番という成績でした。さすがに応援も疲れを感じました。

 息子一土の成績は、運動神経が普通なので5人づつ走る80m走競技では2位に、最終的に2枚のゴールドラベルを帽子に付けてもらい満足のできた楽しい思いでの日となりました。”頑張って良い成績(2位以上)を上げることができたたら…”と、プレゼントの約束をしていたので、帰りにヤマダ電機に寄ってベイブレードバーストのセットを買ってあげました。

 まだ日差しに慣れていない時期でもあり、家に帰り着くとぐったりでした。関係者の皆さん、本当にご苦労様でした。