一土くん、七歳誕生日おめでとう

 息子一土が、この7/9で満七歳になりました。七歳は子供にとっては小学校に上がる歳となり、親にとっても節目となる感慨深いものを感じる歳でもあります。おぎゃ〜と生まれて来てからヨチヨチ歩きから走り回るように、そして言葉も喋るようになって親から離れて独りで学校に通うようになるわけですから、その成長ぶりの早さに驚かされあっという間に過ぎてしまいました。

 一土は、幸いに病気など殆どしなく、元気に明るく健やかに育ってくれ、親としては健康であることが何よりです。小学校では、早速お友達もでき、身長も急に伸びて大きい方になりました。たまたま、同じマンションに同い年で同じクラスの女の子がおり、学校帰りにはお友達を連れてくることも多く我が家はこれまでになく賑やかになりました。

 恒例の誕生日のプレゼントはいつものようにおもちゃではなく、今回は小さい時からドラムの真似事が上手だったので、さらに音楽に興味を持ってくれればという親も想いを込めてオークションで電子ドラムを探してあげました。