親馬鹿シリーズ #6 私にそっくりでしょう⁈

 

 小学一年生になったばかりの息子が、私を描いてくれました。じっとソファーに腰掛けている私を7〜8分でサラサラとデッサンしてくれました。

 私の顔をご存知の方だったらお分かりだと思いすが、親ながら自分のことを言うのは変ですが、よく似てるなあ〜とびっくりしました。以前、一度レストランでの昼食ランチ待ち時間に描いてくれたことがありましたが、その時より数段上手に描けています。大人の私でも、ここまで似せて描くことはできないかも知れないと思ってしまいました。

 さて、息子の一土は、親に似たらしく絵を描くことが大好きで炎がつくと毎日何時間も飽きずに書き続けます。何かを見て描くと言うより、自分の頭の中で想像している光景を口から擬音を発したりしながら楽しそうに描きます。傾向として、宇宙ものや戦闘ものなど、迫力のある場面を想像しているらしく鉛筆が走った絵が多いです。

 また、物を造ることも大好きなので一緒に工作したりもしましたが、一年ほど前にREGOを買ってあげたところ、これにもハマってしまいました。なので、一年生入学祝いにREGOのテクニックパーツのメカニカルな動きをするユニットのアイディア集の本を買ってあげました。そしてなお、テクニックパーツ数十個も注文してあげました。

 そのメカニカルパーツを入手したら、早速の独りで組見上げ見せてくれました。なんと、ちゃんと動きました。これからも、いろいろな動きを作り出すユニットを考えて組んで欲しいものです。また、いろんな絵をたくさん描いて欲しいと思っています。