感動的だった純心幼稚園の生活発表会

 12月8日、息子6歳一土の通う純真幼稚園において、家内と楽しみにしていた普段の園生活の成果発表があり見に行って着ました。

 一土が元気に楽しく通うようになって早二年、今年は年長さんになりピアニカの演奏と演劇の発表でした。いずれも大変上手で見応えがあり、特に約45分間の聖劇には感動を覚えました。内容はキリスト誕生の話でしたが、舞台の演出も素晴らしく何と言っても幼稚園生にここまで演じることができるのかと思わされた、厳粛な素晴らしい出来栄えに大変な驚きとともに感動を覚えました。観客席の親御さんたち皆も同じで、涙を拭ってる人も沢山いました。

 息子が幼稚園から帰ってくると、今日は何の練習をした、本当の舞台でリハーサルを、今日はそれぞれ衣装を着て…、などと報告を聞いていましたので、どんな演劇をするんだろうかと本当は心配半分期待半分でした。ところが、先生方のご苦労と指導の賜物とは言え、本当にびっくり、感動しました。甘やかしてばかりの息子が健やかに確かな成長をしていること、通園している間にだんだんと子どもに成長していっているいることを目の当たりにすることができ、一人の親としてただただ感謝の気持ちで一杯になるとともに大きな喜びを感じた貴重な日となりました。