一土、幼稚園の生活発表会

 息子一土の通う純心幼稚園において、幼稚園生活の成果の一つとして保護者に披露さ大勢のれる行事、楽しみにしていた「生活発表会」が日曜日に開かれ夫婦で行きました。9:30開会なのに、駐車場はすでに満杯、臨時駐車場となったいた近所の療養所の方に停め歩いて行きました。会場のホールもすでに満員で、一土の出番までしばらく外の廊下で待つほどでした。

 

 第三番目の演題「おしゃべりな たまごやき」が一土の出番、いよいよ次が…と、少し緊張を覚えながら緞帳の閉まったステージを見つめていると、左袖の方から4人並んで中央へ歩いて行き、女の子と二人でマイクを持って演題の紹介をしました。一土は、”皆さんみてください” とお願いをする役でした。事前に何も聞いていませんでしたので、びっくりし慌てました。

 さて、その出し物は、Bさん(年中児)総勢によるミュージカル仕立てになっており、予め録音されたナレーションと音楽に合わせてポーズをとったり、踊ったり、セリフを言うという高度なものでした。相当な練習を積んだであろうと思われるその出来に、感動すら覚えました。今年の春から通い始めて半年ちょっと、赤ちゃんだった息子が大勢の観客の前でマイクを持って挨拶をし、コック衣装を着てセリフを言うミニ芝居を見せてくれるまでに成長していました。

 改めて、純心幼稚園に通わせて良かったと、そして幼稚園の先生方に感謝しなくてはと思いました。

ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。