親馬鹿シリーズ #3   息子一土5歳のお誕生日会

 4歳の息子一土は、今年の4月から自宅近くの純心幼稚園へ年中から通うようになり、毎日休まず楽しく通園しています。その幼稚園の行事、6〜7月生まれの園児を祝うお誕生日会が開かれるということで家内と一緒に見学しました。今回祝ってもらえる子ども達は、年少、年中、年長の40名足らずで、7月生まれの一土もその中の一人として登壇、一人づつマイクを回し皆元気にご挨拶をしました。

 ” すずらん組のよしだかずのりです。7月9日5歳になります。どうぞよろしくお願いいたします。” と。少し緊張気味ではありましたが無事に挨拶できました。もうすぐ5歳になるとは言え、壇上から大勢の前で挨拶できるようになるとは思ってもいませんでしたから、その成長ぶりを見て幼稚園の先生方に感謝と感慨深いものを感じました。

 

 お誕生日会終了後、各教室の給食の様子を参観できるということで、一土のすずらん組(担任:岩崎恵美先生)の教室に行くと、前掛けをした園児4人の給食当番の一人に一土も入っていました。給食弁当は各自自分で取りに行き、お茶を当番制で配膳するとうものでした。各テーブルの準備が終わると、4園児前に並んで立ち神様への感謝の言葉といただきますを言い、エプロンをたたんで所定のところに返してから弁当をいただくというものでした。昼食は、水曜日の自宅弁当の除き他は給食ですが、一土も美味しくいただいているようです。

 

 誕生日と言えばプレゼントが付きもの、たまたま一土の愛機となっていた初代iPadが、いつも見ているYou tubeアプリがおかしくなって動画を見ることができなくなりました。初代機のOSが、新しいYou tubeアプリに適合できなくなったようです。ということで、急遽致し方なく、一土専用のYou tube閲覧機としてアマゾンブランドの安価なタブレットをプレゼントしました。画面が小さくなりましたが、スピードはサクサク、音も良く、引き続きYou tubeを楽しんでいます。