実家八女への顔出し

 現在のマイカーランドローバー社製2台目のフリーランダーは、久留米の専門店にて2年車検付き中古で購入したものです。その2年車検満了につき、車検依頼の入庫に出向くことになり、八女に近いことから実家に正月以来の顔出しをしました。その実家にいる私たち四人兄弟の長男、文紀兄貴のその後の様子伺いを兼ね、我が家家族三人で訪ねました。

 80歳の兄貴は、一昨年の病気入院以来好きなゴルフも止め、寝たり起きたりの自宅療養生活になりました。まだ、会話は今までと変わらないのですが、身体の方が日によって調子の良し悪しがあるそうです。また、お姉さんと家で二人だけなので会話の機会が少なく、週二回訪問看護の方をお願いしているとのことでした。

 

 自分の育った家がそのまま残されていて、その懐かしい家での団欒は、何にも代えがたい何とも言えない安らぎを覚えるものです。また、仏さんの写真をゆっくりと眺めると懐かしい子供の頃の記憶が蘇り、なお一層に実家という故郷を感じることができ幸せでした。

 

 これまで思ってもみなかった実家を守り続けてもらっていたこと、そして家を出た者にとっての拠り所であること、当たり前のようにこれまで変わらず大切に受け継いでもらっていることに対し、改めて兄貴家族に心から感謝したいと思いました。