普段使いの陶器を楽しむ

 長崎や佐賀県には、伝統的な陶磁器の窯元が数多くあり、毎年定期的に市が開催され我家では波佐見の中尾郷桜陶祭に毎年のように行っています。

 長崎県の波佐見焼は白山陶器で有名ですが、伝統的な白磁にクラフトデザインの要素を盛り込んだ和洋折衷感覚の洒落た食器が多く製作されています。我が家では、この和と洋どちらとも言えない食器が気に入り日頃から愛用しています。また、他に同様なものを見つけては、それらも一緒に楽しんでいます。

 

 私は、体質的に酒類を飲めなく食事が何よりの楽しみで、また幸いなことに家内の手料理をいただくことも多く、料理だけではなく食器を楽しむ機会にも恵まれています。すこし大きめのテーブルで、気に入った食器に盛られた料理をのんびりといただけることは、本当に美味しくまた幸せなことだと感じています。