2015新年  みんな健康で楽しく過ごせますように

 元旦は、天気予報通り寒波と雪の舞う朝となりました。大晦日の忘年会で夜遅くなったことも手伝いお昼にお重と雑煮をいただくという正月と言えど特別なこともなく、毎日が日曜日という我が家にとってはあまり変わらないお正月です。私がお酒を呑めない体質なので、お屠蘇もお酒もありません。正月にアルコールのない家ってあるの?と不思議に思われるでしょうが、実は私の親がそうでお屠蘇だけで皆顔が赤くなるような家族でした。ビール1本だけで家族みんなで乾杯をしたものです。どうも、私も親の体質を受け継いだようで幸か不幸かずっと酒代なしです。結局午後ゆっくりしてから、恒例となった家内の実家へ新年の挨拶に伺い、改めてお屠蘇少々とお節料理をいただきました。


 翌二日もまだ寒さが厳しく、暖かくなった三日に地元の諫早神社へ歩いて初詣に行きました。久しぶりに大楠群の根っこに魅了されるとともに、息子一土にはトトロの棲む木のように見えたようで一緒に楽しみました。帰りに、ほろ甘い甘酒をいただき、本明川の飛び石を渡り河原をのんびり歩いて家まで帰りました。


 三日の日は、暖かい穏やかな日差しの中クリスマスプレゼントの補助輪付き自転車の練習に県立運動公園に行き、家族みな心地よい運動ができました。凧揚げなど、他にたくさんの家族連れで賑わっていました。

 

 五日の日、毎年恒例になった八女の実家へ年始の挨拶に行きました。これまで病気一つしたことのない元気だった実家の兄貴(長男80歳)が、去年老人性病気で急遽長期入院し退院後も余り優れないと聞いていたので、今回はその兄の様子伺いも兼ねた年始挨拶となりました。ところが、玄関先に出て待っていてくれた兄貴の元気そうな様子安心、今までのように好きなゴルフをというわけにはいかなくなったそうですが、一日起きたままで近くに散歩に出れるほどまで回復していました。話しした感じも余り変わらず、普通に笑ったりして和やかに過ごしました。今は、以前服用していた睡眠導入剤を飲まなくても寝付けるようになり、そのせいで朝の目覚めが良く朝食もちゃん食べているとの話でした。これで、一安心です。


 良い年始ができたので、懐かしい八女の町並みを楽しみながら八女茶の店に立ち寄り帰路につきました。歳とともに郷里の懐かしさや家族への思いが高っていくのを実感しました。

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Rachel Wynkoop (金曜日, 03 2月 2017 12:47)


    I know this if off topic but I'm looking into starting my own blog and was curious what all is needed to get setup? I'm assuming having a blog like yours would cost a pretty penny? I'm not very web smart so I'm not 100% positive. Any suggestions or advice would be greatly appreciated. Kudos