一土、初めての夏休みとプール

 今年の春から、息子一土が通い始めた純心幼稚園でも初めての夏休みが訪れ、一土の所属するコスモスポーツクラブ主催の初めてのプール教室が開かれました。我が家では、これまでプールや海でほとんど遊んだことがなかったので、水着やゴーグルなどの用品を買い求めることから始まる一大イベントとなりました。

 水泳の練習となると、息を止めて水に顔を浸けることができるようにならないと思い、数日前から風呂でゴーグルをつけて鼻を摘んで練習をしたりなど、親にとっても久しぶりの緊張感あるプール日となりました。心配された天気も急遽回復し、市内の県立運動公園にある子どもプールにて母親参観による初プール体験でした。

 私は車送迎だけでしたが、母親によるとコスモスポーツクラブのプログラムの一環というもので、しっかりとしたプロのインスタラクターの先生たちよる水に顔を浸ける練習などの上手にプログラムを取り入れた、子どもたちが楽しくできる水遊びだったそうです。

 

 二日間にわたる初めてのプール教室は、息子一土にとっては初体験で大変楽しかったようです。技術よりは、先ずは水に寝れて親しめるようになることを優先するクラブの教え方は、親にとっても安心できるお任せできるものでした。その後も、シュノーケリングと浮き袋を持って”うきうきビーチ”へ通い、家族で楽しみました。