息子一土、今日四歳になりました

 七月九日は、我家にとっては息子一土の誕生日ということで特別な日です。私たち夫婦は、私が定年退職をした後、母親44歳という年齢の時という遅くして子どもを授かりました。そのようなことから、息子でありながら孫のようでもある本当に可愛い子で親バカまるだしです。

 

 生まれてからの四年間というものは、殆んど病気もせず三歳児健診ではすべて標準ですと太鼓判を押してもらえるほどでした。親として、特に何かをしてあげるでもなく、ただ甘やかしているばかりですが、健やかに育ってくれていることが何よりで、これも普段お世話になっている皆様のお陰だと感謝をしています。

 

 これから先も、一家揃って皆元気に過ごせることが一番だと思っております。今後とも、家族共々よろしくお願いいたします。