約十年振りの再会

 ジャズピアニストの得田諭志さんと殿の山のプライベートコンサートで、急遽セッションを楽しませてもらいました。というのも、チーム殿の山のメンバーが彼と知り合いだということから、ツアーの途中殿の山に宿泊をすることとなり、それを機にプライベートコンサートとなったものです。そのコンサートを聴きに行ったところ、楽器やアンプ等の機材の不備が生じ、慌てて小生のアンプ等を使用することとなりセッションの機会を得ました。


 彼と出会った当時は、大村市内に住むまだ大学受験を控える高校生で、私たち大村ジャズクラブ(バンマス:工藤氏)の練習を見学したいということでクラブに遊びに来てくれました。ジャズに興味を持っているという、まだ可愛いい好青年でした。

 その後、地元の国立大学に現役で入学、ジャズクラブに所属して好きなピアノを続け、大村市内にあった「ハートブレイク」というライブ喫茶でよく一緒に楽しみました。そんな懐かしい音楽仲間ですが、今ではプロのピアニストとして関東で活躍しています。