波佐見 二年振りの中尾山桜陶祭

 昨日の土曜日に行く予定だった桜陶祭、天気が悪く今日晴れたので行ってきました。今年の桜は例年より早く、少し時期が過ぎていました。

 

 長崎県波佐見町の中尾山の窯元が中心となって毎年桜の時期に開かれる陶器市、小さな山間に風情あるレンガ造りの煙突がたくさん並らぶ陶郷でのイベントです。
 波佐見は有田や伊万里のように大きくはなく、同じ長崎県の三川内焼きと同じような小さな陶芸の集落ですが、歴史は古く朝鮮半島からの陶工により始まったと聞きます。

 この波佐見焼きは一般的な陶芸作品と異なり、白磁が中心であるとともに和食器と洋食器の感覚が融和したデザインが多いのが特徴だと思います。内外からの若い陶工の姿も数多く見かけることができます。