義兄の永眠、そして仲良くなった従姉弟

 冬期ソチ・オリンピック開会式が始まろうとしていた2月7日の深夜、日付が変わったばかりの零時6分諫早病院にて、修義兄が家族と友人に見守られながら永眠いたしました。まだ50歳という若さでありながら、約3年間癌との闘病生活の末となりました。

 義兄は、私と同じように音楽が大好きで、生涯その好きな音楽に携わり音響などの仕事を父とともに、また中学校以来ベーシストとしてバンド仲間の人達と交流を深めて来ました。通夜や葬儀には、沢山のミュージシャン仲間の方々がお別れに参列してくださいました。

 

 義兄は24歳になる愛娘夢野ちゃんを残し、彼女からすると私の息子一土と二人だけの従姉弟にあたり、末永く仲良くして欲しいと思います。

 

葬儀日程等

2月8日:仮通夜

  9日:19:00 〜 通夜

  10日:13:00〜  葬儀、三日参り、初七日(食楽亭)

場所:永渕斎場