前回検査から一年後の検査入院

 丁度三年前、急性心筋梗塞で入院して以来定期的に術後の検査入院等を行って来ましたが、幸いにも今回が長崎医療センター(主治医)の定期検査を終了することができました。というのも、一年前の前回の検査入院時の状態とほぼ変らないという、特に顕著な進行が見当たらないという検査結果を踏まえてのことでした。そして念のため、二年後に再検査をしましょうということになり、通常は地元諫早のかかりつけ医(高原循環器内科)に診てもらいながら薬を処方してもらうこととなりました。特に注意すべきこととしては、血管内に溜まって血管を細くするコレステロール抑えるよう食事等を気をつけるようにとのことでした。ステントを留置した個所以外にも数カ所血管内部が細くなっている所があるので、今回はまだ大丈夫だったけど今後さらに細くなったりする恐れがあるということです。

 この三年間、特に胸が痛んだり、息苦しくなったり、吐き気などの症状も特になく全くといっていいほど自覚症状もなく普通に日常生活を過ごすことができました。

 

 さて、これからも引き続き食生活や健康管理に留意して少しでも元気に長生きできるよう、そして息子一土と一緒に毎日楽しく過ごせるよう心がけたいと思っています。