梅雨明けの猛暑を逃れ、川遊涼

最初は怖くて触れなかったけど…
最初は怖くて触れなかったけど…

 昨年辺りからの夏の猛暑続きは、電力不足が懸念されながらも各地で記録更新中です。しかも今年の梅雨は例年になく早く入ってすぐ開けるという、水不足は解消できたものの7月に入るや否や猛暑日続きです。ご当地諫早においても、他所ほどではないと言ってもやはり35℃前後の日々が続いており、今後のいろいろな事への影響が気になるところです。しかし暑い!なら、川へ涼みに行こうと急に思い立ち川遊びを楽しみました。

 諫早という所は、海に面している地域柄、余り川のことが話題になりません。もちろん、それなりの事象がなく話題にしようにもできないというのが正直なところです。ですが、その分、小さな川ですが水が澄み切っています。水が澄んでいるということは、流域の乱開発がなくむかしのままの自然が残っているからなんです。我家から車で約15分、急に思い立っても行けるそんな川があります。もちろん、ちゃんとした海水浴場もあるんですが…。

 私は、普段から渓流釣り(フライフィッシング)もしており、この時期よく釣りに出掛けるのですが、まだ家族は同行させていません。帰るといつも、“ おさかな つれた?”と聞かれ、魚の話をしたり、写真を見せたり、また釣具もどきのオモチャで釣りの真似事をさせたりしているので、下流の安全な所で実際の釣りを見せようと釣り道具を持って行きました。

 川の流れに直接入り、涼はもちろんのこと、釣ったハヤ(カワムツ)を一土に見せ、触らせるなどして楽しみました。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    佐世保 (火曜日, 16 7月 2013 12:35)

    こんにちはマックさん。
    涼しそうでうらやましいです
    場所はどこになりますか?
    川遊び用の為にすべらない靴を購入しましたよ。
    渓流釣りのデビューはいつになるやら・・・
    長者原に8月に出かけようと思っています。
    気をつけて川遊びされて下さい。