準備OK! これで決定的瞬間が撮れるぞ!

カメラを頭に固定した状態
カメラを頭に固定した状態

 私は、友人O氏と長年フライフィッシング続けてきましたが、これまで満足のいく決定的瞬間のカットを未だカメラに収めることができないまま悩まされてきました。ところが、昨年、自転車などに搭載してハイビジョン画像が簡単に撮れるという、手軽でぴったりなビデオカメラを見つけました。このカメラは、スポーツCAMという防水防塵機能などを備える手のひらに乗るサイズで、私のこれまでの悩みを一気に解消してくれるであろう、待ちに待ったビデオカメラなんです。

 フライなど、釣りの映像を狙う場合、これまではどうしても二人掛かりで一人が釣りをもう一人がカメラをというように交代しながら、釣りの合間にカメラを構えるというパターンでした。しかも、決定的なシーンを今度こそと意気込んでカメラを回しても空振りばかりで、ここぞとばかりに前もってアングルまで決めてカメラを回してもダメだったり、そう簡単には撮れませんでした。

 でも、このカメラを使えば、これからはこの悩みから開放され、スタートボタンさえ押し忘れなければもうこちらのものです。目線に合わせてカメラを頭に固定してますから、ロッドを振りながらポイントを攻めて行けばキャストしたフライをカメラが追ってくれ、同時に録画してくれます。要は、自分の頭に固定したカメラが勝手に撮ってくれるということです。

 頭への固定方法については試行錯誤の後、結局行き着いたのはゴムベルトで、一旦このベルトにカメラ本体を取り付け、そのベルトを頭のサイドにキャップとともに弾力を利用してかぶるようにしました。このようにすれば、カメラ本体も落ちにくいし、持ち替えもなく難なく自由に移動できます。まだ、フィールドでの試し撮りはしてませんが、たまに家で練習を重ねているところです。

 

 今年こそは、その成果の映像を皆さんにご披露できるのではないかと今から楽しみにしているところです。